top of page

ティール組織って??


この本を読む前にティール組織についてウェブの記事を読んだ代表のあっこは、

「あれ?これはうちの会社のことではないか?」

と驚いておりました。  わが社のようにこの本を読むまで「進化型(ティール)組織」だという自覚がない企業や団体も少なくないのではないでしょうか。

2018年1月――――

原著である『Reinventing Organizations』日本語訳版が発売され、次世代の組織モデルとして数多くのビジネスパーソンに衝撃を与えています。 詳しくはこの記事が一番わかりやすいです。「ティール組織って何?サイボウズ社員が聞いてみた」←こちらをまず読んでみてください。



【著者ラルーさんが言ってることの超簡単なおさらい】

1.現在の組織モデルの限界

 働く人々から「ほとんどの仕事は、情熱を向けるものでも人生の目的でもなく、恐ろしく退屈なもの」という声が散見される昨今、組織はエゴを追い求めるという終わりのない努力をする場になっている。  人々が心の奥底に抱いている情熱を十分に発揮できない現代の組織モデルは限界に達しており、人類の意識が次のステージへと成長しようとしている。それに伴って、組織モデルも発展していくはずだ。

2.”組織”が歴史と共に進化してきた

▽力による支配の”レッド”(衝動型)

▽厳格な階層性の存在する”アンバー”(順応型)

▽実力主義で競い合う”オレンジ”(達成型)

▽多様性を尊重する”グリーン”(多元型)

▽進化する生き物のような組織”ティール”(進化型)

3.ティール組織の3つの特徴

自主経営 (セルフマネジメント)

意思決定の権限や責任を全メンバーがもっている

 個人個人が自分なりの目的意識を持ち、組織の目的と摺り合わせた上で、自立して動く。経験や知見の違いによって自然に生まれる影響力の違いがあり、その違いがあるということを認め関わり合う。

全体性(ホールネス)

全メンバーが本来の自分である状態を維持し、個性や長所を前面に出して活動している

 現代の会社ではその役割に適した能力だけを発揮することが求められ、いわゆる仮面(肩書き)をかぶった状態であることを求められる。  それに対して、ティール組織では、構成員の情緒